初診時 (上顎前歯部数ヵ所にスペースを認める症例)

口元
右側面 正面 左側面

限局矯正終了時(約9か月後)

(↓は、矯正治療により整理し集めたスペース)
右側面 正面 左側面

最終治療(一般補綴治療)終了時

     
 (↑は、ブリッジにより治療された部分)
     
  口元   上顎  

 (↓は、人工歯により治療されたスペース部分)

右側面 正面 左側面

院長からのメッセージ

今回の彼女の様に、もともと歯が少なかったり(歯の先天的欠如)、虫歯(カリエス)のために歯を抜いてしまってスペースがある様な場合、人工的な歯を入れたりする(義歯やブリッジなど)ためにスペースを整理したり、歯の傾きを正しくしてより良い一般治療が出来る様に部分的な矯正治療(限局矯正)をする事があります。限局矯正治療の場合は、全体的な矯正治療よりも期間的にも短くてすみます。そして、何よりもいいのは、より良い一般治療ができる事です。
ただ、患者様それぞれのお口の中の状態により治療方法や治療可能かどうかも変わってきますので、まずは矯正専門医の先生に御自身の希望も含め御相談をしてみて下さい。

すぐ回答!無料ネット相談受付

タニ矯正歯科クリニックは、ネット相談を無料で行っています。ぜひご利用下さい。